画像
画像
画像

mainimg

プラセンタ点滴の目的は

プラセンタには、サプリメント、注射、点滴、化粧品などプラセンタ配合のもの、と、4種類の摂取方法がありますが、そのなかで、一番高い効果を期待できるのが、「プラセンタ点滴」です。
プラセンタ点滴は、静脈から直接体内に摂取しますので、高い即効性が期待できます。

点滴の場合には、プラセンタのほかに、ビタミンなどの有効成分も同時に摂取できますので、相乗効果も期待することが出来ます。
ですが、効果が高すぎるため、まれにアレルギー反応を引き起こすことがあります。

プラセンタ注射は、更年期障害や疲労回復、うつ病、など不快症状を素早く改善するために、特に有効とされています。
そのため、副作用の危険性があっても、点滴を希望する方が多いのです。

プラセンタは、元々、肝機能障害の治療として使われていました。
ですが、この治療をされている方が、肌にハリが出た、艶が出た、疲れにくくなった、風邪をひきにくくなったなどのうれしい副効果がたくさん現れたために、発見されました。

プラセンタは、ヒト由来の成分で、胎盤から出来ています。
胎盤の有効成分を抽出したものが、プラセンタなのです。

成長因子細胞や、ビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれています。
特に、アンチエイジングを促進するビタミンB群などがたくさん含まれており、古くから、若返りの薬、や、不老長寿の薬など若々しさを維持するために使われてきました。

他にも、プラセンタには、肌のシワ、シミ、タルミの改善や、肌荒れ、ニキビ、アトピー、滋養強壮、風邪をひきにくくなる、肩こり、生理不順、糖尿病、膠原病、リウマチなどたくさんの効果を期待することができます。
このプラセンタは、内科、美容外科や、歯科、皮膚科でも摂取することが出来ます。

厚生労働省公認の治療法ですので、安心して摂取することが出来ます。
肝機能障害、更年期障害の治療目的で摂取する場合には、保険が適用されます。
このように保険の適用が可能なので安心して治療を受ける事が出来ます。