画像
画像
画像

mainimg

何故人間に馬プラセンタが利用されるの

プラセンタには、ヒト由来、ブタ由来、ヒツジ由来、ウシ由来、ウマ由来、植物由来の者があります。

ウシ由来のプラセンタは、狂牛病の可能性があるため現在は使用されていません。

また、植物由来のプラセンタは、植物の胚から抽出されますが、成長因子がないため、動物由来のプラセンタと別物と考えてもいいでしょう。

ですが、プラセンタ配合と表記されている場合には、ブタか植物配合の多いようです。

そこでおすすめしたいのが馬のプラセンタなのです。

プラセンタとは、「胎盤」のことですが、胎盤には、赤ちゃんが成長するための成分がたくさん含まれています。

アミノ酸やビタミン、成長因子物質などがふくまれていますが、人間の体では作れない、必須アミノ酸も多く含まれています。

ウマのプラセンタに含まれるアミノ酸はブタのプラセンタに含まれる必須アミノ酸より6種類も多く含まれています。

他の原料からつくられるプラセンタに比べて、栄養価は数倍、アミノ酸は数百倍も含まれているのです。

また、「サラブレット」と呼ばれる優良な馬から採取されますので、血統も管理されていて、とてもいい環境で育てられています。

また、ウマも出産後胎盤を食べる習慣がありますので、少しずつ分けてもらって製品化されているため、とても希少なのです。

また、ブタよりも、寄生虫などがつきにくいので、清潔で、安心して使うことが出来ます。

ウマは、病気にかかりにくいので、予防接種などの薬害の影響を受けにくいのもうれしいポイントです。

このような、嬉しい効果がたくさんありますので、ウマのプラセンタが人間にも使用されるようになりました。

美肌効果、疲労回復、滋養強壮、鬱状態の改善などさまざまな効果のある馬プラセンタです。

サプリメントなどで、手軽に摂取できるので、「馬プラセンタ」ぜひ試してみてはいかがでしょうか?
効果をしっかりと実感していただく為に1か月程度様子をみてもらうのがおすすめです。