画像
画像
画像

mainimg

プラセンタ注射が保険適用になる条件とは

プラセンタ注射が保険適用になる条件は、肝炎、肝硬変、肝機能障害の治療、乳汁分泌不全、更年期障害の治療
の場合に、保険が適用されます。

元々、プラセンタは肝機能障害の治療の為に、使われていましたが、美肌効果や、アンチエイジング、滋養強壮、疲労回復などの、美容、健康に効果がある。
として有名になりました。

プラセンタは、ヒト由来の成分で、胎盤から出来ています。
この胎盤の有効成分を抽出することで、プラセンタが作られます。

ビタミンやミネラルなど体に嬉しい成分がたくさんふくまれていますので、様々な効果を期待することが出来ます。
抗酸化作用もたくさんふくまれていますので、細胞が活性化したり、老化現象に効果を期待できます。

プラセンタは、サプリメント、注射、点滴、プラセンタ配合の化粧品など4種類の摂取方法がありますが、副作用の心配がほとんどいらず、即効性も期待できる「プラセンタ注射」が一番多く使用されています。

プラセンタ注射は、医療機関で摂取することが出来ます。
内科、婦人科、美容外科、口腔外科、皮膚科のプラセンタの取り扱いのある医療機関で摂取できますので、ご近所で取扱い病院を探してみましょう。

肝炎、肝硬変、肝機能障害や、乳汁分泌不全、更年期障害以外では、自費治療になりますので、注意しましょう。

自費治療の場合、診察料込で、2000円から4000円が相場になっています。
自由診療のため、各病院によって、大きく金額に差が出ます。
ですが、週に1回。
など定期的に摂取されている方も多くいられます。

胎盤から出来ているプラセンタは、たくさんの嬉しい効果を期待することが出来ます。
2回から3回摂取することで、効果を実感することが出来ます。

特に、疲労回復などは、即効性が高く、すぐに効果を実感できることもあります。
取扱いのある医療機関では、プラセンタについて相談することもできますので、ぜひ、プラセンタ。
試してみてくださいね。