画像
画像
画像

mainimg

原材料で見るお奨め製品Materials

画像

実はプラセンタにもいろいろな原材料があるのをご存じでしたか?
最近では豚由来プラセンタや馬由来プラセンタが主流となっていますが、一昔前までは牛由来のものなども使用されていました。 また、海外では羊由来のものもポピュラーだったそうです。

さらに、医療機関ではヒト由来プラセンタの注射なども可能です。
それぞれのメリットとデメリット、そして、どんな製品がお奨めなのかをこのページで解説します。

そもそも原材料って・・・

プラセンタはずばり「胎盤」を意味する英単語です。
勘違いされやすいのですが、化粧品やサプリメントに直接、胎盤が詰め込まれているわけではありません。
正確に言えば、これらの製品に配合されているのは胎盤から抽出されたエキスです。

最近では手軽に手に入るようになりましたが、これは非常に貴重なもの。
赤ちゃんを育てる為に必要不可欠な栄養分をたっぷりと配合しているのですから。
だからこそ、感謝の気持ちを持ってプラセンタエキスを活用しましょう♪

アミノ酸が豊富!馬プラセンタがおすすめ!

馬プラセンタは豚由来のものほどリーズナブルではないものの、アミノ酸の含有量が高いことなどがメリットとして挙げられます。
入門者よりもプラセンタに詳しい人に好まれるという印象ですね。
馬由来のプラセンタでも、かなりコストパフォーマンスの高い優秀な製品があります。

それがTp200nextです。
原料は北海道産サラブレットのプラセンタだけを使用しています。
サラブレッドは徹底して管理飼育されていますから、安全性も抜群に高いですよ!

さらに、Tp200エッセンス&ローションもおすすめ!
馬プラセンタやヒトオリゴペプチドを配合した超優秀なスキンケアコスメです。
テクスチャはサラッとしていて容量も多いので、顔以外にも贅沢に使えます。
エイジングケアにおすすめの組合せです。

リーズナブル!豚由来プラセンタ!
画像

リーズナブルな原材料として挙げられるのが豚由来のもの。
美容や美肌への効果はもちろんのこと、ポピュラーであるが故に育成環境も整っており、
安全性も非常に高いのがメリットです。
人間の身体との相性も非常に良く、体がしっかりと有効成分を吸収します。
もちろん動物性のプラセンタなのでアンチエイジングを促すグロースファクター(成長因子)もたっぷり配合されています。

豚由来プラセンタで人気なのが、フラコラドットコムから展開されているWHITE'stプラセンタつぶ
コストパフォーマンスに優れた製品です。
原料はヨーロッパ産の高品質な豚由来プラセンタ。
トレーサビリティー(生産地証明制度)やGMP基準などをクリアしている非常に安全な原材料が大きなメリットとして挙げられます。

同じくフラコラのプラセンタ製品「WHITE'stプラセンタつぶ」は、国産SPF豚のプラセンタを原料としている100%の原液です。
しかも国産のSPF豚からさらに厳格な審査をクリアしたものだけが原材料となっているので、安全性はこれ以上ないくらい高いです。 効果に関しても塗った瞬間に他の製品との違いを実感できます!
同じフラコラドットコムの展開する製品なのでWHITE'stプラセンタつぶとの相性も抜群。 併用して使うのがお奨めです。

植物性はグロースファクターがない!

余談ですが、植物性のプラセンタ製品というのも最近では稀に見かけることがあります。
ただし、植物由来の場合はプラセンタの魅力であるグロースファクターが含まれません。
つまり、美容への効果がその分、落ちてしまうということ。
積極的にアンチエイジングに取り組みたいのであれば、豚or馬の動物性プラセンタを摂取するのがお奨めです。
ちなみにトップページでも解説していますが、サプリメントと基礎化粧品は併用して使うと相乗効果でより効率良く美容に取り組めます。 ぜひトライしてみてください!