画像
画像
画像

mainimg

プラセンタは肌からも吸収できるの

プラセンタを摂取する方法は、注射、点滴、サプリメント、化粧品などの方法があります。
即効性を重視するのであれば点滴がおすすめですが、毎日コツコツと摂取することで、より多くの効果を期待できるプラセンタは、化粧品など肌から摂取する方法もおすすめです。
ですが、皮膚が外から栄養素を吸収する働きはおもっているほど、多くはありません。
プラセンタの効果的な使い方についてはこちらを参考にしてください。

元々皮膚は、汗や皮脂・角質などを出す場所です。
そのため、皮膚には外部からなるべく吸収しないような作りになっているのです。
これが浸透することを経皮吸収といいます。

これだと、プラセンタを配合した化粧水を使っても意味がないの?とおもってしまいますよね。
経皮吸収とは、真皮やその下の体の中までしみこむことを指します。

化粧水は、角質層の水分を補給・維持するために使用するので、経皮吸収する必要はありません。
特に、角質層は油溶性のものが吸収しやすいので、特に、プラセンタ配合のクリームなどがおすすめです。

化粧水などで、肌からプラセンタを摂取することにより、
シミ、やシワ・タルミ・などに効果を期待することが出来ます。

また、プラセンタには、細胞を活性化する効果がありますので、ハリやツヤも期待することが出来ます。
お肌に水分がしっかりあると、肌トラブルを起こしにくくなるため、ニキビや毛穴の開きなどを改善することも出来ます。
肌が活性化することによって、ターンオーバーが進み、美白効果や美肌効果も相乗効果も期待することが出来ます。

このように、たくさんの嬉しい効果のある、プラセンタ配合化粧品。
使わないのは凄くもったいないですよね。

特に、油溶性である、乳液、クリームは、プラセンタ配合のものを選ぶのがコツです。
プラセンタ配合と表記されているものでも、何から作られているプラセンタか確認しましょう。
ブタや馬と植物由来では、効果が格段に変わってきます。
特に、ウマ由来のプラセンタは、高い効果を期待できます。
そんなプラセンタの効果が実感できなかった方はこちらをご覧ください。